コンテンツ検索 web パーツでホバーパネルを表示してみた

前回のポスト
コンテンツ検索webパーツの表示をカスタマイズする
のオマケです。

SharePoint2013では、検索結果のアイテムにカーソルをあてると詳細がホバーパネルで表示されます。
しかし、コンテンツ検索 web パーツではホバーパネルが表示されません。そこで、なんとか表示させるべくカスタマイズしてみました。

完成イメージはこちら。
20150828
ホバーパネルの表示テンプレートは、マスターページギャラリー>Display Templates>Searchフォルダの中にあります。
このうち、Item_xxx_HoverPanel.htmlというのがそれです。検索結果のファイルタイプによって、表示テンプレートが細かく分けられているのですね。
今回は、Item_Default_HoverPanel.htmlをダウンロードして使います。
ダウンロードしたItem_Default_HoverPanel.htmlを開き、中身を以下のように書き換えます。

書き換えたファイルを「Item_Blog_HoverPanel.html」とリネームして保存し、Searchフォルダにアップロードします。

次に、前回のポストで作成した「Item_BlogPost.html」をダウンロードし、以下のように書き換えます。

書き換えたItem_BlogPost.htmlを、Content Web Partsフォルダにアップロードします。
以上です!
もし、カスタマイズが反映されない場合はコンテンツ検索webパーツの表示テンプレートで「For Blog Post」をえらびなおし、プロパティのマッピングで以下のように選択しなおしてみてください。
20150828-2

なお、カスタマイズにあたってはこちらの記事を参考にしました。
The SharepointWallah: Sharepoint 2013 Search – Adding a hover panel to a content search webpart display template.
C/D/H Talks Tech » Custom Hover Panel on the Content Search Web Part using a Custom Display Template

若干、無理やりな感じもありますが・・・参考になればうれしいです。

コンテンツ検索webパーツの表示をカスタマイズする

だいぶ前になりますが、コンテンツ検索webパーツでブログの新着を表示するやり方を紹介しました。
【2013】コンテンツ検索 webパーツでBlogの新着情報を表示する | Me & SharePoint.

今回の記事と、次回の記事
コンテンツ検索 web パーツでホバーパネルを表示してみた
はその続きとなります。

前回のままではタイトルとサムネイルだけでさびしいので、本文の一部、投稿日、それから「Read More」ボタンを表示してみたいと思います。
完成イメージです。
20150826

これを実現するには、「表示テンプレート」というものをカスタマイズします。
表示テンプレートのカスタマイズについては、MSのサポートチームのブログで詳しく紹介されていますので参考にしてください。
SharePoint 2013 お知らせアイテムを新着順に表示するコンテンツ検索 Web パーツを作成する – Japan SharePoint Support Team Blog – Site Home – TechNet Blogs.
SharePoint 2013 検索結果の表示を制御する表示テンプレート – Japan SharePoint Support Team Blog – Site Home – TechNet Blogs.

さて、マスターページギャラリーからDisplay Templates>Content Web Parts とフォルダをたどって、Item_Picture3Lines.htmlをダウンロードします。
ダウンロードしたテンプレートを「Item_BlogPost.html」とリネームします。
テンプレートを開き、以下のように書き換えます。

<html xmlns:mso="urn:schemas-microsoft-com:office:office" xmlns:msdt="uuid:C2F41010-65B3-11d1-A29F-00AA00C14882"> 
<head>
<title>For Blog Post</title>

<!--[if gte mso 9]><xml>
<mso:CustomDocumentProperties>
<mso:TemplateHidden msdt:dt="string">0</mso:TemplateHidden>
<mso:ManagedPropertyMapping msdt:dt="string">'Picture URL'{画像の URL}:'PublishingImage;PictureURL;PictureThumbnailURL','Link URL'{リンクの URL}:'Path','Line 1'{行 1}:'Title','Line 2'{行 2}:'DiscussionPost','Line 3'{行 3}:'Created', 'SecondaryFileExtension','ContentTypeId'</mso:ManagedPropertyMapping>
<mso:MasterPageDescription msdt:dt="string">このアイテム表示テンプレートでは、100 x 100 の大きさでアイテムの画像が左側に表示されます。画像の右側には、タイトル、既定アイテムの説明、カスタムの管理プロパティ用の行が表示されます。</mso:MasterPageDescription>
<mso:ContentTypeId msdt:dt="string">0x0101002039C03B61C64EC4A04F5361F385106603</mso:ContentTypeId>
<mso:TargetControlType msdt:dt="string">;#Content Web Parts;#</mso:TargetControlType>
<mso:HtmlDesignAssociated msdt:dt="string">1</mso:HtmlDesignAssociated>
</mso:CustomDocumentProperties>
</xml><![endif]-->
</head>

<body>

    <!--
            Warning: Do not try to add HTML to this section. Only the contents of the first <div>
            inside the <body> tag will be used while executing Display Template code. Any HTML that
            you add to this section will NOT become part of your Display Template.
    -->
    <script>
        $includeLanguageScript(this.url, "~sitecollection/_catalogs/masterpage/Display Templates/Language Files/{Locale}/CustomStrings.js");
    </script>

    <!--
        Use the div below to author your Display Template. Here are some things to keep in mind:
        * Surround any JavaScript logic as shown below using a "pound underscore" (#_ ... _#) token
        inside a comment.

        * Use the values assigned to your variables using an "underscore pound equals"
        (_#= ... =#_) token.
    -->

    <div id="Item_BlogPost">

<!--#_

var encodedId = $htmlEncode(ctx.ClientControl.get_nextUniqueId() + "_BlogPost_");

var linkURL = $getItemValue(ctx, "Link URL");
linkURL.overrideValueRenderer($urlHtmlEncodeValueObject);

var line1 = $getItemValue(ctx, "Line 1");
var line2 = $getItemValue(ctx, "Line 2");
var line3 = $getItemValue(ctx, "Line 3");

var StrLine2 = line2.value;
if (StrLine2.length > 150){
    StrLine2 = StrLine2.substr(0, 150) + "...";
}

var pictureURL = $getItemValue(ctx, "Picture URL");
var pictureId = encodedId + "picture";
var pictureMarkup = Srch.ContentBySearch.getPictureMarkup(pictureURL, 100, 100, ctx.CurrentItem, "cbs-picture3LinesImg", line1, pictureId);

line1.overrideValueRenderer($contentLineText);
line2.overrideValueRenderer($contentLineText);
line3.overrideValueRenderer($contentLineText);

var containerId = encodedId + "container";
var pictureLinkId = encodedId + "pictureLink";
var pictureContainerId = encodedId + "pictureContainer";
var dataContainerId = encodedId + "dataContainer";
var line1LinkId = encodedId + "line1Link";
var line1Id = encodedId + "line1";
var line2Id = encodedId + "line2";
var line3Id = encodedId + "line3";

var dataDisplayTemplateTitle = "BlogPost";

 _#-->
        <div class="cbs-picture3LinesContainer" id="_#= containerId =#_" data-displaytemplate="_#= $htmlEncode(dataDisplayTemplateTitle) =#_">
            <div class="cbs-picture3LinesImageContainer" id="_#= pictureContainerId =#_">
<!--#_
if(!linkURL.isEmpty)
{
_#-->
                <a class="cbs-pictureImgLink" href="_#= linkURL =#_" title="_#= $htmlEncode(line1.defaultValueRenderer(line1)) =#_" id="_#= pictureLinkId =#_">
<!--#_
}
_#-->
                    _#= pictureMarkup =#_
<!--#_
if(!linkURL.isEmpty)
{
_#-->
                </a>
<!--#_
}
_#-->
            </div>
            <div class="cbs-picture3LinesDataContainer" id="_#= dataContainerId =#_">
                <a class="cbs-picture3LinesLine1Link" href="_#= linkURL =#_" title="_#= $htmlEncode(line1.defaultValueRenderer(line1)) =#_" id="_#= line1LinkId =#_">
                    <h4 class="cbs-picture3LinesLine1 ms-accentText2 ms-noWrap" id="_#= line1Id =#_"> _#= line1 =#_</h4>
                </a>
<!--#_
if(!line2.isEmpty)
{
_#-->
                <div class="cbs-picture3LinesLine2" style="height:auto;" id="_#= line2Id =#_" > _#= StrLine2 =#_ </div>
<!--#_
}
_#-->
                <div style="overflow:hidden;">
<!--#_
if(!line3.isEmpty)
{
_#--> 
                    <span class="cbs-picture3LinesLine3 ms-textSmall ms-noWrap" id="_#= line3Id =#_" style="float:left;">[Posted : _#= line3 =#_ ]</span>
<!--#_
}
_#-->
                    <a class="cbs-button1" href="_#= linkURL =#_" style="float:right;">Read More</a>
                </div>
            </div>
        </div>
    </div>
</body>
</html>

書き換えたItem_BlogPost.htmlを、ダウンロード元のフォルダにアップロードし、タイトルに「For Blog Post」と入力して保存します。

コンテンツ検索webパーツを設置したページに戻り、webパーツを編集状態にします。
「表示テンプレート」セクションの「アイテム」で、先ほどテンプレートのタイトルに設定した「For Blog Post」を選択します。

20150826-2

もし、うまく内容が反映されない場合は「プロパティのマッピング」でデフォルトで入力されているプロパティを再度選択しなおしてから保存してみてください。

最後に、「Read More」のリンクをボタン状にし、全体の見栄えを整えるためのCSSをページに埋め込みます。
ページを編集状態にし、「スクリプトエディター」を挿入して、コードスニペットのに以下のコードを貼り付けて保存します。

<style>
.cbs-picture3LinesContainer {
    padding: 20px 0;
    margin: 5px;
}
.cbs-picture3LinesImageContainer {
    margin-top: 5px;
}
.cbs-button1{
    text-decoration: none;
    text-align: center;
    display: inline-block;
    background-color: #59b1eb;
    border: 2px solid #59b1eb;
    color: #fff;
    padding: 0 30px;
}
.cbs-button1:visited{
    color: #fff;
}
.cbs-button1:hover {
    background-color: #fff;
    border-color: #59b1eb;
    color: #59b1eb;
    text-decoration: none;
}
.cbs-button1::before,
.cbs-button1::after {
    position: absolute;
    z-index: -1;
    display: block;
    content: '';
}
.cbs-button1,
.cbs-button1::before,
.cbs-button1::after {
    box-sizing: border-box;
    transition: all .3s;
}
</style>

これでOKです!
おなじみのコンテンツクエリwebパーツよりは、xslスタイルシートをいじらなくて済む分カスタマイズのハードルは低いですよね。
これからどんどん使っていきたいと思います!

【2013】コンテンツ検索 webパーツでBlogの新着情報を表示する

ここのところ、SharePoint2013の新機能「コンテンツ検索 webパーツ」をいじっていたのですが、なかなか使えそうな印象です。
なので、やってみたことをぼちぼち紹介していきたいと思います。

※シリーズものになってますので、よろしければ続きの記事も読んでみてください。
コンテンツ検索webパーツの表示をカスタマイズする
コンテンツ検索 web パーツでホバーパネルを表示してみた

コンテンツ検索 webパーツってなんぞ?という向きはこちらを参考にしてみてください。
SharePoint Server 2013 で検索 Web パーツを構成する

また、カスタマイズするにあたって、こちらの一連の記事を非常に参考にさせていただきました。
SharePoint 2013 検索の設定やカスタマイズに関する投稿まとめ – Japan SharePoint Support Team Blog – Site Home – TechNet Blogs

さて、手始めにサイト内のブログ記事の新着情報をページに表示してみたいと思います。

ページにコンテンツ検索 webパーツを挿入します。
20140704-1

webパーツの編集メニューから、「クエリの変更」をクリック。
20140704-2

下図のように設定してみます・・・
20140704-3

ブログ記事だけ引っ張れてるようですが、このままだと関連性順に並んでしまうので、上で赤で囲った「詳細モードへの切り替え」をクリック。
「並べ替え」タブで「Created」の「降順」にします。
20140704-4

うまく新着順で表示されました!
、、、が、このままではサムネイルもないし、タイトルしか表示されないし、さびしいですよね?
20140704-5

とりあえず、サムネイル画像を表示させるようにしてみましょうか。
それには、ブログのプロパティにサムネイル用の列を作成しないといけません。
ブログサイトの方へ行き、「Posts」リストのリストの設定画面から、「サイト内の既存の列から追加」をクリック、下図のように「お勧めのイメージ」列を追加します。
20140704-6

あとは、各ブログアイテムの投稿画面でこの列にサムネイル画像を登録しておきます。

先ほどの「コンテンツ検索 webパーツ」に戻り、webパーツの編集画面で「Picture on left, 3 lines on right」になっていることを確認します。
20140704-7

これでOKです!
インデックスのクロールが終われば、先ほどブログの投稿に追加した画像が表示されます。
20140704-8

しかし、これでもまださびしいですね、、、
次は、「表示テンプレート」をカスタマイズしてみたいと思います。