SharePointの入力フォームで列名の下にDescriptionをもってくる

半年ぶりの更新です(ひゃーーー)。
てゆーか最近SharePoint2007に携わっているので、ネタないんです・・・
はやく2016さわりたい~!!!

というわけで小ネタをちょっとだけ。

SharePointの列にはDescriptionを設定できます。入力例や注意事項を記載したいときに便利です。
pic20160927-1

でも、デフォルトのDescriptionの場合、入力欄の下に配置されるので見落とされがちなんですよね。
また、URLも貼れたりしますが、表示文言を自由に設定してハイパーリンク化はできません。

そこで、JavaScriptでDescriptionに書きたい内容を列名の下に持ってきてみました。
pic20160927-2

ソースコードです。
こちらをコンテンツエディタwebパーツでNewForm.aspxとEditForm.aspxに埋め込んでください。

コード内の”Body”のところはDescriptionを置きたい列名に適宜変更してくださいね。
ちょっとしたことですが、ユーザビリティーの向上につながる・・・かも?

広告

SharePointファーム全体でADのセキュリティグループに割り当てられているアクセス権を洗い出すPowerShellスクリプト

題名、長かったですね。

SharePointファーム全体でADのセキュリティグループで付与されている権限の一覧を取りたい!取らねばならぬ!しかもアイテム単位まで!となったことがありまして、PowerShellなんかほとんどいじくったことなかったけどエイヤーと書いてみました。
ちなみに、これ動かした環境はMOSS2007 なので、2010、2013だと書き方のお作法が違うと思います。

PowerShell初心者ゆえコードきたなくて済みません。
もっと簡単に書けるよ、というアドバイスがありましたら、ぜひコメントくださいませ。

ともあれPowerShellのパワーを思い知りました(シャレではない)。使いこなせればいろいろできそう。
2013バージョンなどもそのうち機会がありましたら書くかも、書きたいな。

SharePointのリストフォームに採番機能をJavaScriptで実装する

この世にはようかんぱんなるものがあることを知り気になって仕方ないのですが、そんなことはどうでもいいですね。

さて、だいぶ間が空いてしまいましたが久々の更新です!
いぜん、ページにビューカウンタをつける方法をポストしましたが、意外とよく読まれているようなので、気を良くして応用編(?)です。

SharePointのリストアイテムに、システム的に振られるIDではなく、独自ルールで採番したカスタムIDを振りたい!という要望はよくありますよね。
そこで、ページビューカウンタと同じやり方で、採番機能を実現してみました。
新規フォームで見るとこんな感じ。
20151217

実装方法です。
事前に「counter」という名前の採番用カスタムリストを同じサイト内に作成しておきます。
採番用カウンタは、Titleフィールドをそのまま使います。
新規フォーム作成時に、採番用リストから番号を取得し採番フィールドに表示、保存時のアクションでインクリメントした番号を採番用リストに返す仕組みです。
なので、新規フォームをキャンセルした場合は、インクリメントされません。

以下、ソースコードです。
こちらをNewForm.aspxにコンテンツエディタwebパーツで埋め込んでください。

SPServicesjQuery使ってます。

さらにちょっとした小技として、

21行目:カスタムIDの数値部分を桁固定0埋めで表示
23行目:採番フィールドを読み取り専用にする
24行目:採番フィールドがフォームの最初のフィールドでもフォーカスを当てない

などを盛り込んでおります。

なお、EditForm.aspxには以下を埋め込んでおきます。

検証環境は2010ですが、2007、2013でも動くと思います。
参考にしていただけるとうれしいです!

コンテンツ検索 web パーツでホバーパネルを表示してみた

前回のポスト
コンテンツ検索webパーツの表示をカスタマイズする
のオマケです。

SharePoint2013では、検索結果のアイテムにカーソルをあてると詳細がホバーパネルで表示されます。
しかし、コンテンツ検索 web パーツではホバーパネルが表示されません。そこで、なんとか表示させるべくカスタマイズしてみました。

完成イメージはこちら。
20150828
ホバーパネルの表示テンプレートは、マスターページギャラリー>Display Templates>Searchフォルダの中にあります。
このうち、Item_xxx_HoverPanel.htmlというのがそれです。検索結果のファイルタイプによって、表示テンプレートが細かく分けられているのですね。
今回は、Item_Default_HoverPanel.htmlをダウンロードして使います。
ダウンロードしたItem_Default_HoverPanel.htmlを開き、中身を以下のように書き換えます。

書き換えたファイルを「Item_Blog_HoverPanel.html」とリネームして保存し、Searchフォルダにアップロードします。

次に、前回のポストで作成した「Item_BlogPost.html」をダウンロードし、以下のように書き換えます。

書き換えたItem_BlogPost.htmlを、Content Web Partsフォルダにアップロードします。
以上です!
もし、カスタマイズが反映されない場合はコンテンツ検索webパーツの表示テンプレートで「For Blog Post」をえらびなおし、プロパティのマッピングで以下のように選択しなおしてみてください。
20150828-2

なお、カスタマイズにあたってはこちらの記事を参考にしました。
The SharepointWallah: Sharepoint 2013 Search – Adding a hover panel to a content search webpart display template.
C/D/H Talks Tech » Custom Hover Panel on the Content Search Web Part using a Custom Display Template

若干、無理やりな感じもありますが・・・参考になればうれしいです。

コンテンツ検索webパーツの表示をカスタマイズする

だいぶ前になりますが、コンテンツ検索webパーツでブログの新着を表示するやり方を紹介しました。
【2013】コンテンツ検索 webパーツでBlogの新着情報を表示する | Me & SharePoint.

今回の記事と、次回の記事
コンテンツ検索 web パーツでホバーパネルを表示してみた
はその続きとなります。

前回のままではタイトルとサムネイルだけでさびしいので、本文の一部、投稿日、それから「Read More」ボタンを表示してみたいと思います。
完成イメージです。
20150826

これを実現するには、「表示テンプレート」というものをカスタマイズします。
表示テンプレートのカスタマイズについては、MSのサポートチームのブログで詳しく紹介されていますので参考にしてください。
SharePoint 2013 お知らせアイテムを新着順に表示するコンテンツ検索 Web パーツを作成する – Japan SharePoint Support Team Blog – Site Home – TechNet Blogs.
SharePoint 2013 検索結果の表示を制御する表示テンプレート – Japan SharePoint Support Team Blog – Site Home – TechNet Blogs.

さて、マスターページギャラリーからDisplay Templates>Content Web Parts とフォルダをたどって、Item_Picture3Lines.htmlをダウンロードします。
ダウンロードしたテンプレートを「Item_BlogPost.html」とリネームします。
テンプレートを開き、以下のように書き換えます。

<html xmlns:mso="urn:schemas-microsoft-com:office:office" xmlns:msdt="uuid:C2F41010-65B3-11d1-A29F-00AA00C14882"> 
<head>
<title>For Blog Post</title>

<!--[if gte mso 9]><xml>
<mso:CustomDocumentProperties>
<mso:TemplateHidden msdt:dt="string">0</mso:TemplateHidden>
<mso:ManagedPropertyMapping msdt:dt="string">'Picture URL'{画像の URL}:'PublishingImage;PictureURL;PictureThumbnailURL','Link URL'{リンクの URL}:'Path','Line 1'{行 1}:'Title','Line 2'{行 2}:'DiscussionPost','Line 3'{行 3}:'Created', 'SecondaryFileExtension','ContentTypeId'</mso:ManagedPropertyMapping>
<mso:MasterPageDescription msdt:dt="string">このアイテム表示テンプレートでは、100 x 100 の大きさでアイテムの画像が左側に表示されます。画像の右側には、タイトル、既定アイテムの説明、カスタムの管理プロパティ用の行が表示されます。</mso:MasterPageDescription>
<mso:ContentTypeId msdt:dt="string">0x0101002039C03B61C64EC4A04F5361F385106603</mso:ContentTypeId>
<mso:TargetControlType msdt:dt="string">;#Content Web Parts;#</mso:TargetControlType>
<mso:HtmlDesignAssociated msdt:dt="string">1</mso:HtmlDesignAssociated>
</mso:CustomDocumentProperties>
</xml><![endif]-->
</head>

<body>

    <!--
            Warning: Do not try to add HTML to this section. Only the contents of the first <div>
            inside the <body> tag will be used while executing Display Template code. Any HTML that
            you add to this section will NOT become part of your Display Template.
    -->
    <script>
        $includeLanguageScript(this.url, "~sitecollection/_catalogs/masterpage/Display Templates/Language Files/{Locale}/CustomStrings.js");
    </script>

    <!--
        Use the div below to author your Display Template. Here are some things to keep in mind:
        * Surround any JavaScript logic as shown below using a "pound underscore" (#_ ... _#) token
        inside a comment.

        * Use the values assigned to your variables using an "underscore pound equals"
        (_#= ... =#_) token.
    -->

    <div id="Item_BlogPost">

<!--#_

var encodedId = $htmlEncode(ctx.ClientControl.get_nextUniqueId() + "_BlogPost_");

var linkURL = $getItemValue(ctx, "Link URL");
linkURL.overrideValueRenderer($urlHtmlEncodeValueObject);

var line1 = $getItemValue(ctx, "Line 1");
var line2 = $getItemValue(ctx, "Line 2");
var line3 = $getItemValue(ctx, "Line 3");

var StrLine2 = line2.value;
if (StrLine2.length > 150){
    StrLine2 = StrLine2.substr(0, 150) + "...";
}

var pictureURL = $getItemValue(ctx, "Picture URL");
var pictureId = encodedId + "picture";
var pictureMarkup = Srch.ContentBySearch.getPictureMarkup(pictureURL, 100, 100, ctx.CurrentItem, "cbs-picture3LinesImg", line1, pictureId);

line1.overrideValueRenderer($contentLineText);
line2.overrideValueRenderer($contentLineText);
line3.overrideValueRenderer($contentLineText);

var containerId = encodedId + "container";
var pictureLinkId = encodedId + "pictureLink";
var pictureContainerId = encodedId + "pictureContainer";
var dataContainerId = encodedId + "dataContainer";
var line1LinkId = encodedId + "line1Link";
var line1Id = encodedId + "line1";
var line2Id = encodedId + "line2";
var line3Id = encodedId + "line3";

var dataDisplayTemplateTitle = "BlogPost";

 _#-->
        <div class="cbs-picture3LinesContainer" id="_#= containerId =#_" data-displaytemplate="_#= $htmlEncode(dataDisplayTemplateTitle) =#_">
            <div class="cbs-picture3LinesImageContainer" id="_#= pictureContainerId =#_">
<!--#_
if(!linkURL.isEmpty)
{
_#-->
                <a class="cbs-pictureImgLink" href="_#= linkURL =#_" title="_#= $htmlEncode(line1.defaultValueRenderer(line1)) =#_" id="_#= pictureLinkId =#_">
<!--#_
}
_#-->
                    _#= pictureMarkup =#_
<!--#_
if(!linkURL.isEmpty)
{
_#-->
                </a>
<!--#_
}
_#-->
            </div>
            <div class="cbs-picture3LinesDataContainer" id="_#= dataContainerId =#_">
                <a class="cbs-picture3LinesLine1Link" href="_#= linkURL =#_" title="_#= $htmlEncode(line1.defaultValueRenderer(line1)) =#_" id="_#= line1LinkId =#_">
                    <h4 class="cbs-picture3LinesLine1 ms-accentText2 ms-noWrap" id="_#= line1Id =#_"> _#= line1 =#_</h4>
                </a>
<!--#_
if(!line2.isEmpty)
{
_#-->
                <div class="cbs-picture3LinesLine2" style="height:auto;" id="_#= line2Id =#_" > _#= StrLine2 =#_ </div>
<!--#_
}
_#-->
                <div style="overflow:hidden;">
<!--#_
if(!line3.isEmpty)
{
_#--> 
                    <span class="cbs-picture3LinesLine3 ms-textSmall ms-noWrap" id="_#= line3Id =#_" style="float:left;">[Posted : _#= line3 =#_ ]</span>
<!--#_
}
_#-->
                    <a class="cbs-button1" href="_#= linkURL =#_" style="float:right;">Read More</a>
                </div>
            </div>
        </div>
    </div>
</body>
</html>

書き換えたItem_BlogPost.htmlを、ダウンロード元のフォルダにアップロードし、タイトルに「For Blog Post」と入力して保存します。

コンテンツ検索webパーツを設置したページに戻り、webパーツを編集状態にします。
「表示テンプレート」セクションの「アイテム」で、先ほどテンプレートのタイトルに設定した「For Blog Post」を選択します。

20150826-2

もし、うまく内容が反映されない場合は「プロパティのマッピング」でデフォルトで入力されているプロパティを再度選択しなおしてから保存してみてください。

最後に、「Read More」のリンクをボタン状にし、全体の見栄えを整えるためのCSSをページに埋め込みます。
ページを編集状態にし、「スクリプトエディター」を挿入して、コードスニペットのに以下のコードを貼り付けて保存します。

<style>
.cbs-picture3LinesContainer {
    padding: 20px 0;
    margin: 5px;
}
.cbs-picture3LinesImageContainer {
    margin-top: 5px;
}
.cbs-button1{
    text-decoration: none;
    text-align: center;
    display: inline-block;
    background-color: #59b1eb;
    border: 2px solid #59b1eb;
    color: #fff;
    padding: 0 30px;
}
.cbs-button1:visited{
    color: #fff;
}
.cbs-button1:hover {
    background-color: #fff;
    border-color: #59b1eb;
    color: #59b1eb;
    text-decoration: none;
}
.cbs-button1::before,
.cbs-button1::after {
    position: absolute;
    z-index: -1;
    display: block;
    content: '';
}
.cbs-button1,
.cbs-button1::before,
.cbs-button1::after {
    box-sizing: border-box;
    transition: all .3s;
}
</style>

これでOKです!
おなじみのコンテンツクエリwebパーツよりは、xslスタイルシートをいじらなくて済む分カスタマイズのハードルは低いですよね。
これからどんどん使っていきたいと思います!

SharePointサイトをレスポンシブ・デザインにするときの情報源

こんにちは。世間は夏休み真っ盛りですが、私は絶賛仕事中です!!
電車が空いててうれしいぞ!!!

さて、ここのところSharePointサイトをモバイルでも美しく表示できるようにするべく、いろいろと実験していたのですがそのとき参考にした情報を備忘録として載せておきます。

基本的な前提と方針は、
・バージョンはSharePoint2013
・SharePoint Onlineへのマイグレーションも見据え、カスタムマスタページは作らない
(参考:Latest Advice on Office 365 Branding | Microsoft Trends.)
・よって、デバイスチャネルも使わず、レスポンシブデザインで設計
・とはいえ、JavaScriptは使いたいのでマスタページでのJavaScriptの参照は(しぶしぶ)許容する
といったところです。

デフォルトマスタページを使い、CSSだけで何とかするやり方はもうほぼこれでOKではないかと。
Making seattle.master Responsive | Our SharePoint Experience.

レスポンシブなCSSグリッド・システムを導入するやり方。まだ試してないけど、そのうちやってみたいと思います。
Apply grid system to SharePoint using SUSY | Stefan Bauer – n8d

マスタページをいじくらずにviewportを設定する裏ワザ。
Add viewport meta without editing the master page | Stefan Bauer – n8d.

グローバルナビゲーションをモバイルではアコーディオンメニューにしたい!
巷にあふれるプラグインをしつこくいろいろ試した結果これがよさそうです。
レスポンシブメニューを作成できるjQueryプラグイン「MeanMenu」 | たすデザイン.
具体的な導入方法は、いずれ別のエントリで書きます。

JavaScript内でユーザーエージェントを判別したいとき。
2015年版JavaScriptユーザエージェント判別・判定.

viewportの設定になやんだら?
もう逃げない。HTMLのviewportをちゃんと理解する – Qiita.

マスタページをいじくらずともサイト全体にカスタムJavaScriptを適用するにはこんなやり方もあるです。
JavaScript を使用して SharePoint サイト UI をカスタマイズする.
MSの推奨はたぶんこれ。私はまだ試してないです。アドイン作れとか言われると、とたんにハードルが・・・(汗)

新たにいい情報が出てきたら、今後も追加していく予定です。
また、こんなのも参考になるよ!なんてのがあったらTwitterでもなんでもお知らせください。

コンテンツクエリ webパーツでアイテムをダイアログで開く

社内ポータルをSharePointでつくっている場合、コンテンツクエリwebパーツ(cqwp)でサイトコレクション内のお知らせを集約してトップページに表示・・・なんてことはよくやりますよね。

で、cqwpだと、ふつうアイテムのタイトルをクリックすると、同一ウィンドウ内でクリックしたアイテムの表示画面へ遷移していきます。
これを、PCで表示したときはダイアログで開き、モバイルで表示したときは同一画面内で遷移するようにカスタマイズしてみます。
PCでの表示イメージはこんな感じ。
20150708

さて、cqwpのカスタマイズに関しては、Microsoft MVP山崎さん執筆の以下の良記事がありますので、まだコンテンツクエリwebパーツいじったことない・・・という方はまずご一読ください。
若干古い記事ですが、2013となった今でも十分通用する内容で、cqwpをカスタマイズしよう!なんて場面ではもはやバイブルといってよいと思います。
コンテンツ クエリ Web パーツ (1.複数サイトから「お知らせ」を取得する) – SharePoint Technical Notes.
コンテンツ クエリ Web パーツ (2.今日の日付を表示する) – SharePoint Technical Notes.
コンテンツ クエリ Web パーツ (3.更新日時と本文を取得する) – SharePoint Technical Notes.
コンテンツ クエリ Web パーツ (4.本文から不要なタグを削除する) – SharePoint Technical Notes.
コンテンツ クエリ Web パーツ (5.表示部分を整える) – SharePoint Technical Notes.
コンテンツ クエリ Web パーツ (6.リンク機能を修正する) – SharePoint Technical Notes.
コンテンツ クエリ Web パーツ (7.任意の列で並び替える) – SharePoint Technical Notes.
コンテンツ クエリ Web パーツ (8.タスクの一覧を取得する) – SharePoint Technical Notes.

では、上記の記事をひととおり眺めていただいた、という前提で・・・
おもむろにソースコードです。

ItemStyle.xslの、コンテンツクエリwebパーツで使いたいスタイルの「<div class=”link-item”>」のaタグ部分を以下のように書き換えます。

<div class="link-item">
    <xsl:call-template name="OuterTemplate.CallPresenceStatusIconTemplate"/>
    <!--<a href="{$SafeLinkUrl}" title="{@LinkToolTip}">-->
    <a onmouseover="javascript:this.style.cursor='pointer';" onclick="OpenModalDialog('{$SafeLinkUrl}','{$DisplayTitle}')"  title="{@LinkToolTip}">
        <xsl:if test="$ItemsHaveStreams = 'True'">
            <xsl:attribute name="onclick">
                <xsl:value-of select="@OnClickForWebRendering"/>
            </xsl:attribute>
        </xsl:if>
        <xsl:if test="$ItemsHaveStreams != 'True' and @OpenInNewWindow = 'True'">
            <xsl:attribute name="onclick">
                <xsl:value-of disable-output-escaping="yes" select="$OnClickTargetAttribute"/>
            </xsl:attribute>
        </xsl:if>
        <xsl:value-of select="$DisplayTitle"/>
    </a>
    <div class="description">
        <xsl:value-of select="@Description" />
    </div>
</div>

※ItemStyle.xslを編集したら、忘れずに発行しましょう。

次に、コンテンツクエリwebパーツを配置したページに、スクリプトエディタで以下のJavaScriptを埋め込みます。

<script>
function OpenModalDialog(url, title) {
    if (navigator.userAgent.search(/iPhone/) != -1 || navigator.userAgent.search(/iPad/) != -1 || navigator.userAgent.search(/iPod/) != -1 || navigator.userAgent.search(/Android/) != -1) {
        location.href = url;
        return false;
    }
    var options = { title: title, url: url };
    SP.UI.ModalDialog.showModalDialog(options);
}
</script>

以上でOKです!
検証したのはSharePoint2013ですが、使っている手法は2010のころからあるものばかりなので、2010でも動くと思います。
(2010の場合は、スクリプトを外部ファイルにして、コンテンツエディタwebパーツでページにリンクしてください。)

上で紹介したcqwpのカスタマイズと組み合わせれば、ちょっとcqwpで作ったとは思えないパーツに仕上がりそうですね。