集計値列を使ってファイルを作成年度ごとにグルーピングする

ささいなことなのですが、意外と便利かも?なTipsです。
SharePoint2010で検証しましたが、2013でもいけるんではないのかなぁと思ってます。

ライブラリのビューでファイルの作成年度ごとにグルーピングしたいなーんてときに、いちいちファイルのプロパティに手入力で設定するのはダルいです。
こういうときこそ、集計値列の出番です。

ライブラリに集計値列を追加し、数式に以下のように設定します。

=IF(MONTH([Created])<4,
TEXT(DATE(YEAR([Created])-1,MONTH([Created]),DAY([Created])),"yyyy"),
TEXT(DATE(YEAR([Created]),MONTH([Created]),DAY([Created])),"yyyy"))

で、ビューの設定でこの列でグループ化します。
140625-1

フォルダを使ってるときには、ビューの設定でフォルダを外して表示するようにしてもいいですね。
140625-2

なお、集計値列で使える式については、以下のMSドキュメントに詳しくのってます。

集計フィールドの数式.

小ネタでした!

広告

サイドリンクバーの「ごみ箱」「すべてのサイトコンテンツ」を非表示にする

SharePoint2010のお話です。

サイト管理をしていると、メンバーにはこのメニューは見せたくない!とか触らせたくない!とかいう思う場面がありますよね。
というわけで、このエントリはとにかく、もう、なんでも隠しちゃいたーい!というSharePointサイト管理者のみなさまに贈ります。

表題のとおりなんですが、サイドリンクバーに常駐してる例のアレ

140618

をCSSでさくっと非表示にします。

「ごみ箱」だけ隠す

a[id$="idNavLinkRecycleBin"]{
	display: none;
}

「すべてのサイトコンテンツ」だけ隠す

a[id$="idNavLinkViewAllV4"]{
	display: none;
}

両方隠す

.s4-specialNavLinkList{
	display: none;
}

いかがでしょうか?簡単ですね?!
これからも、よけいなものはドンドン隠しちゃいましょう!(笑)

リストフォームの保存時に入力項目のチェックをする

まだ6月だというのに暑いですね・・・すでに夏バテ気味です。先が思いやられる今日この頃です。

さて、SharePointの場合、リストフォームでは必須項目のチェック(と、SharePointの式を使った入力チェック)は標準の設定でできますが、たとえば正規表現によるチェックやステータスによる場合分けなどの細かいチェックはできません。
なのでそうしたことをやりたい時、たとえばフォームの保存ボタンを押した段階で入力チェックが走り、項目の内容が正しくない場合アラートを出して保存できないようにできるといいですよね。

実はイベントハンドラなど書かなくとも、これをかなえる機能をSharePointはデフォルトでもっています。
それが、JavaScriptの組み込み関数PreSaveActionです。この関数内に書いた処理は新規・編集フォームの保存ボタンをクリックすると実行されます。

なお、この関数が動くしくみについてはいっつもお世話になっているブログ、idea.tostring() に良記事がありますので、ぜひご参考にしてみてください。
リスト フォームの「保存」ボタン クリック時に任意の JavaScript 処理を追加する

以下、PreSaveActionを使って正しくURLが入力されているかどうか正規表現でチェックするサンプルです。(jQueryつかってます)
SharePoint2010 & SharePoint2013 どちらでも動きます!

function PreSaveAction() {
    var regex = new RegExp('http(s)?://([\\w-]+\\.)+[\\w-]+(/[\\w- ./?%&=]*)?', 'g');
    var str = $("input[title='URL']").val();
    var result = regex.test(str);

    if(!result) {
        alert("ただしくURLを入力してください");
        return false;
    } else {
        return true;
    }
}

これで必須チェックだけでなく、もっときめ細かい入力チェックができそうですね!

ページの背景いっぱいに画像を表示する

先日のSharePoint勉強会でSQLServerのお話を聞き、うちのSQLServer大丈夫なんかいな~?!とちょっと心配な今日この頃です。

さて、SP2013になってページの背景に画像を表示することが(ようやく)できるようになりましたが、2010では残念ながらできません。
そこで、無理やり2010でも表示させてみました。

仕上がりはこんな感じです。
20140603
※サイドリンクバーは隠しちゃってます。隠し方は、クリエイルミネートさんのこのポストを参考にさせていただいてます。

CSSです。
いつもながらあやしいCSSですが、まあ、うまくいってるのでよしとしましょう。よしとしてください・・・

.s4-ba{
  background-image: url(画像ファイルのURL);
  min-height: 100%;
  height: auto !important;
}

こういうデザインはセンスが問われそうですが、はまるとカッコよいサイトができそうですね。(私にはカッコよく作る自信ありません・・・)